イメージ画像

保健師は新卒ですぐに就職できる?

学校を卒業してからすぐに、保健師として働きたいと思っている人は是非最初は産業保健師として働いてみてはいかがでしょうか?

まず、産業保健師の場合は実務経験が無くても応募できますので、未経験の新卒でも比較的就職しやすい職業だと言えます。

経験を積むために、最初は看護師として働く人もいるようですが、保健師のほうが看護師よりも労務負担やストレスなども軽いのでおすすめです。

また、産業保健師の場合は、その企業の社員として働くことになりますので、勤務先の福利厚生は適応されますし、休日なども社員と同じようにとれるなど、さまざまなメリットがあります。

産業保健師の中でも、大規模な工場を持った、大手自動車メーカーなどは求人数も比較的多く、経営も安定しているため、収入や休日なども安定して働いていけると思われます。

このような大手メーカーの場合は、従業員は5000人前後おり、全ての従業員に保健指導や健康管理などをしていくことになります。

人数が多く大変かもしれませんが、休日は週2日はとれますしお盆休みや年末年始などもお休みがとれて、月収30万円ほどとなっているので新卒にしてはかなり高収入とも言えると思います。

新卒歓迎の企業も多く、夜勤のある企業はほどんどありません。保健師で新卒で就職するなら、まずは産業保健師で経験を積むという道のりを視野に入れてみてはどうでしょうか?

また、新卒で就職して1年以内ですぐに転職ができます。産業保健師で経験を積んだあと、たった1年未満であっても経験として考慮してもらえるのが保健師です。

「経験3年以上!」など特に明記が無いところは、数ヶ月産業保健師として働いただけでも行政保健師や学校保健師に応募することができます。もちろん他の企業へ産業保健師として転職することもできます。

また、行政保健師の場合は、公的機関で勤務することになるため、公務員として働くことになります。新卒ですぐに行政保健師は難しいですが、1年未満でも受験資格がもらえるので、転職先の候補として視野に入れてるのも良いでしょう。

このページの先頭へ