イメージ画像

働く上で保健師がやりがいを感じる時はとは?

看護師として働いている人数は日本国内だけでも80万人ほどおり、有資格者となると100万人近くいることになります。しかし、保健師として働いているのは5万人も満たないのでこうしてみると保健師の人数は少なく、人によっては全然馴染みのない職業だと思います。

やはり、看護師と違って業務内容などもイメージがしにくく、友人に「保健師として働いている」と言っても理解してもらえることはあまり無いかもしれません。わかりやすいイメージですと学校の保健の先生ですね。

あまり目立つような仕事ではないかもしれませんが、保健師は人々の健康管理や健康維持の工場にとても必要とされている職業なのです。

保健師とは保健指導のスペシャリストであり、病気や怪我を治すことはできませんが、人々の健康に役立つことのできる職業なんです!

やはり、治療をしていくわけではありませんので、目に見えて変化がわかることは少ないでしょう。医師や看護師は、患者さんの病気や怪我を治療して、回復していくところや、感謝をされることにやりがいを感じます。

時には、どうしても地味な仕事だなぁと思ってしまうかもしれません。しかし、健康診断後の対応をしたことで、病気を未然に防げたなど、保健師の保健指導のお陰で健康に暮らせている人たちはたくさんいます。

縁の下の力持ちとして、人々の健康を守っていくのが保健師の仕事であり、そこにやりがいを見つけていかなければなりません。

やりがいは見つけられていなくても、保健師の仕事に少しでも魅力を感じているのならば、思い切って転職してみるのも良い方法だと思います。

保健師の求人はなかなか表立って出るものではありませんので、転職支援サービスに登録することがおすすめです。非公開求人などたくさんありますし、転職に関してのアドバイスを受けることも出来ます。

業務内容にあまり変わりがなくても、転職をしたことでやりがいが見つかるかもしれませんよ。是非一度転職支援サービスを利用してみてください。

このページの先頭へ